ENTERTAINMENT

【第32回東京国際映画祭】特別功労賞大林宣彦監督に授与

海辺の映画館

『転校生』(82)『時をかける少女』(83)『さびしんぼう』(85)の尾道三部作などで知られる映画界の映像の魔術師と言われている大林宣彦監督に授与されました。
「映画作家はジャーナリストであるべきだ」
大林監督は常にこう言い続け、幼少の頃から映画を撮り始め、大学時代に自主制作映画のパイオニア的存在となり、「映画を商業主義の商品の域に留めておきたくない」という反骨精神の持ち主でいらっしゃったことでも知られています。

大林宣彦監督 プロフィール

1938年広島県尾道市生まれ。3歳の時に自宅の納戸で出合った活動写真機で、個人映画の製作を始める。上京後、16㎜フィルムによる自主製作映画『ÈMOTION=伝説の午後・いつか見たドラキュラ』が、画廊・ホール・大学を中心に上映されジャーナリズムで高い評価を得る。『喰べた人』(63)はベルギー国際実験映画祭で審査員特別賞を受賞。この頃からテレビコマーシャルの草創期に本格的に関わり始め、チャールズ・ブロンソンの「マンダム」、ソフィア・ローレン、カトリーヌ・ドヌーヴなど外国人スターを多数起用、その数は3000本を超える。
1977年『HOUSE/ハウス』で商業映画にも進出。同年の『瞳の中の訪問者』と共に“ブルーリボン新人賞”を受賞。故郷で撮影された『転校生』(82)『時をかける少女』(83)『さびしんぼう』(85)は“尾道三部作”と称され親しまれている。
『異人たちとの夏』(88)で“毎日映画コンクール監督賞”、『北京的西瓜』(89)“山路ふみ子監督賞”、『ふたり』(91)“アメリカ・ファンタスティックサターン賞”、『青春デンデケデケデケ』(92)“平成4年度文化庁優秀映画作品賞”、『SADA』“ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞”、宮部みゆき原作『理由』(04)は“日本映画批評家大賞・監督賞”、“藤本賞奨励賞”を受賞。東日本大震災を受けた『この空の花-長岡花火物語』(11)ではTAMA映画賞・最優秀作品賞ほか多くの賞を受賞。最近の作品に、少年少女版『この空の花』として製作されたAKB48のPV『So long ! THE MOVIE』(13)、北海道芦別市を舞台にしたふるさと映画『野のなななのか』(14)等がある。『この空の花』『野のなななのか』に続く『花筐/HANAGATAMI』(17)は、余命宣告を受けながら完成させた大林宣彦的“戦争三部作”となる。

関連記事

  1. テープカット 「第一回アジア国際映画」開幕式
  2. チェン2 日中平和友好条約締結40 周年記念 映画上映会も行われました。
  3. img_2589e 「第12回堤川国際音楽映画祭」開幕式が行われた。忠清北道堤川市清…
  4. kukai2 東京国際映画祭は日中国交正常化から45周年を迎えることを記念し、…
  5. 帰郷 2019年第32回東京国際映画祭の “特別功労賞”に仲代達矢氏と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

about-300x250

 

ENTERTAINMENT

  1. 海辺の映画館
  2. 帰郷
  3. チェン2

オススメ記事

スクリーンショット 2020-09-17 19.46.35 アジア友好を祈願する親善囲碁大会 <プレスリリース>

皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。第99代総理大臣菅様おめでとうご…

美容・健康

  1. スクリーンショット 2020-09-17 19.46.35
  2. 海辺の映画館
  3. 帰郷

CULTURE

  1. detail_10915-img-04

イベント情報

  1. スクリーンショット 2020-09-17 19.46.35
  2. IMG_9895s
  3. テープカット

政治・経済

  1. 0823
  2. 経済三団体共催 2017年新年祝賀パーティー
promise

パワースポット医療ツーリズム

  1. 智異山1
  2. %e5%8c%bb%e8%96%ac1

インタビュー

  1. ide先生写真
  2. 院長堀田忠弘先生3
  3. ノーベル賞中村修二先生2

vision

 

mfce

fb
スクリーンショット 2020-09-17 19.46.35
  1. 海辺の映画館
  2. 帰郷
  3. 0823
  4. チェン2
  5. kukai2
  6. ide先生写真
PAGE TOP