インタビュー

イタリア サンマリノ共和国 王家・サヴォイア家よりノーベル賞受賞者  中村 修二博士ナイト称号を受勲され受勲式及び受勲パーティーを開催。青色発光ダイオード(青色LED)を発明された中村修二博士が講演されました。

ノーベル賞中村修二先生2

題目:ノーベル賞受賞までの道

ノーベル賞をとれた理由について中村博士より

「大手は1つなにかを決めようとすると稟議・稟議で1か月以上かかる、このスピード感でおこなっていると、日本はほかの国に負けてしまう。これからの時代は大手ではなく、中小企業がアイデア一つで勝負していく時代であり、アインシュタインも大学をでていない。学歴は関係ないと思う」と話をされました。
「アメリカに留学させてもらった際、博士は最低1千5百万もらえるのに修士課程は300万円と開きが大きく、アメリカこそ学歴社会であり、待遇が顕著であった。
その悔しさをバネにがんばってきたこともあり、博士課程を働きながら取得した」と話をされました。
「良いものをつくっても、日本の市場だけならばよいが、世界の市場を考えると交渉力もないので、大手は今後、組織体系が上下関係では生き残っていけないと思う」と、さらに
「横つながりのフラットな感じではないと、良いものは開発できない」と提言されました。
開発が進むまでは会社から「まだ会社にいたの?いつ辞めるの?」と言われて続けていたそうです。
グーグルや大手パナソニックや東芝などの開発予算は100億円以上なのですが弱小企業で予算もなく、地方の企業でしたので、ひとりですべてを行い開発されたそうです。
特許のときも、先方は弁護士10人ぐらいの団体で、中村先生の陣営は中村先生と弁護士1人で戦ったとのことで結果はどうでれあれ、自分は騎士のつもりで戦っていたとのことでした。
ノーベル賞までのいきさつを伺い、このような精神の持ち主なのでノーベル賞を受賞されたと感じました。

関連記事

  1. ide先生写真 21世紀のアジア医療最前線 ~アジアプレス~ 第7回 愛媛の統合…
  2. 院長堀田忠弘先生3 21世紀のアジア医療最前線 ~アジアプレス~ 第1回 京都の統合…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

about-300x250

 

ENTERTAINMENT

  1. チェン2
  2. kukai2
  3. テープカット

オススメ記事

あなたを変えるダウジング 21世紀のアジア医療最前線 ~アジアプレス~ 第6回 京都の統合医療 堀田医院 医師院長 堀田忠弘先生

統合医療の重鎮、堀田忠弘先生による新書が発刊。病で苦しむ患者さんの駆け込みクリニックとして、全国…

美容・健康

  1. 0823
  2. チェン2
  3. kukai2

CULTURE

  1. detail_10915-img-04

イベント情報

  1. IMG_9895s
  2. テープカット
  3. fc

政治・経済

  1. 0823
  2. 経済三団体共催 2017年新年祝賀パーティー
promise

パワースポット医療ツーリズム

  1. 智異山1
  2. %e5%8c%bb%e8%96%ac1

インタビュー

  1. ide先生写真
  2. 院長堀田忠弘先生3
  3. ノーベル賞中村修二先生2

vision

 

mfce

fb
0823
  1. チェン2
  2. kukai2
  3. ide先生写真
  4. あなたを変えるダウジング
  5. IMG_9895s
  6. テープカット
PAGE TOP